KOTOBUKI meeting + CAMP「同時代のなにか #2」

//////////
KOTOBUKI meeting + CAMP「同時代のなにか #2」
//////////

それぞれの活動や関心などを発表していただき、同時代のなにかについて話し合います。

日時:2017年11月25日(土)19:30〜22:30 ※開場は19:00
場所:東京都台東区寿2-9-1
定員:30人(当日先着順、予約不要) 参加費:無料

【 ゲスト 】※随時更新中
大坂 紘一郎(ASAKUSAディレクター)
金川晋吾(写真家)
斎藤功美(美術家・研究者・教育者)
橋本 聡(アナリスト、アナーキスト、アーティスト、アラブ、アブストラクト、アクト)
春木 聡(アーティスト)

【 タイムテーブル 】
<前半>
19:30-21:00|プレゼンテーション
<後半>
21:00-22:30|意見交換

【 アクセス 】
東京メトロ銀座線「田原町」駅 徒歩1分
https://goo.gl/maps/wpTwSn5WTb72

【 プロフィール 】
大坂 紘一郎|Koichiro Osaka
アサクサ代表。スカイザバスハウスキュレーター。早稲田大学中退。ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ校、キュレーションおよび美術批評学科卒業。
http://www.asakusa-o.com/
金川晋吾|Shingo Kanagawa
写真家。1981年京都府生まれ。神戸大学卒業。東京藝術大学大学院博士後期課程修了。第12回三木淳賞受賞。2016年に青幻舎より「father」刊行。最近の主な展覧会「悪い予感のかけらもないさ展」(あざみ野市民ギャラリー, 2016)、「STANCE or DISTANCE? わたしと世界をつなぐ「距離」」(熊本市現代美術館, 2015)など。来年1月末よりあざみ野市民ギャラリーで個展「長い間」が開催される。晶文社のサイトで「撮影ノート 写真のあいだ」を連載中( http://s-scrap.com/ )。
http://kanagawashingo.com/
齋藤功美|Isami Saito
1985年生まれ。美術家・研究者・教育者。美術教育の系譜学・Arts-based Research・芸術的知性。2011年東京藝術大学絵画科油画専攻卒業。2015年東京藝術大学大学院美術研究科芸術学専攻修了。現在同大学院博士後期課程。立川美術学院講師(2008〜2013)。「障害者の芸術活動を支援する新進芸術家育成とその育成を芸術系大学において行う基盤構築のための調査事業」(2014/文化庁新進芸術家育成事業)。「都立青山特別支援学校における芸術教育の推進に関する研究」(2014〜2015/受託研究)。「幼児期における美術の造形と表現による教育の可能性についての実践的研究」(2016/受託研究)。A/R/T研究会共同主催(2017〜)。共著『美術教育の可能性』(勁草書房)出版予定。
橋本 聡|SSatoshi Hashimoto
アナリスト、アナーキスト、アーティスト、アラブ、アブストラクト、アクト。An Art User Conference、基礎芸術|Contemporary Art Think-tankなど。主な発表に「行けない、来てください」(ARCUS, 茨城, 2010)、グループ展「Omnilogue: JOURNEY TO THE WEST」(Lalit Kara Academy, ニューデリー, 2012)、「独断と偏見:観客を分けます」(国立新美術館, 東京 2012)、「偽名」(「14の夕べ」東京国立近代美術館, 東京, 2012)、「私はレオナルド・ダ・ヴィンチでした。魂を売ります。天国を売ります。」(青山|目黒, 東京, 2013)、「国家、骰子、指示、」(Daiwa Foundation, ロンドン,2014)、「MOTアニュアル2016 キセイノセイキ」(東京都現代美術館, 2016)、「全てと他」(LISTE, バーゼル, 2016)、「Fw: 国外(日本 - マレーシア)」(国際空港, 飛行機, マレーシアなど, 2016)、「世界三大丸いもの:太陽、月、目」(青山|目黒, 2017)など。An Art User Conferenceの活動にて「未来芸術家列伝Ⅳ:オーダーと第Ⅰ次世界大戦」を2017年末に開催。
春木 聡|Satoshi Haruki
アーティスト。1988生まれ。2012年 國立台北芸術大学交換留学。2015年 東京芸術大学美術学部油画専攻卒業。2017年 同大学大学院絵画専攻修了。自身の労働経験から建設現場を扱った作品を制作。2017年現在、浅草を拠点に活動。自身の作業場で、アート考察のための機会KOTOBUKI meeting を期間限定で定期開催。

<経済とアート>『昭和史』を読む #6

//////////
<経済とアート>『昭和史』を読む #6
//////////

第三章「軍服と軍刀の時代」の「1 日中戦争の勃発」〜「3 『複雑怪奇』な国際関係」(p279〜p317)を読んで話し合います。

日時:2017年11月29日(水)19:30~21:30 ※開場は19:00
場所:谷中の家(東京都台東区谷中3-17-11[地図])
参加費:無料(予約不要)

<アクセス>
メトロ千代田線「千駄木」駅、JR「日暮里」駅、JR「西日暮里」駅から徒歩7分。
https://goo.gl/maps/wzWfI

【 読む本 】
中村隆英『昭和史 (上)

blanClass農園化計画 #2

//////////
blanClass農園化計画 #2
//////////


横浜の住宅街にある小さなスペースを拠点に芸術を発信するblanClassを数年かけて農園にする予定です。

今回は秋の収穫祭、手作りビール祭、味噌作りなどを予定しています。併せて、服の交換会や服の修繕も計画していますので、いらない服や直したい服があれば、持参してください。


日時:2017年11月11日(土)13:00~22:00 ※開場は12:30 ※途中参加/退出可
場所:blanClass(神奈川県横浜市南区南太田4-12-16)
参加費:寄付制(予約不要)

<アクセス>
京浜急行「井土ヶ谷」駅の改札出て正面の信号わたりすぐを左折、一つ目の交差点を右折、二つ目の角を左折、三井のリパーク後ろ、blanClass看板がある細い段々を上がって右の建物2階
http://blanclass.com/japanese/about/map/