/ Events /

【 18/03/10 】bKOTOBUKI meeting + CAMP「同時代のなにか #3」
【 18/03/03 】blanClass農園化計画 #3
【 18/02/21 】<経済とアート>ビットコインあるいはブロックチェーン
【 18/01/24 】<経済とアート>『昭和史』を読む #7

TALK: 1008

ぼくたちと本とが変わるときの話 第5回

内沼晋太郎(numabooks代表)
<第5回ゲスト>
小林浩(月曜社取締役)

■本は、いつか本当になくなってしまうのか?
■ぼくは、決してなくなりはしないけれど、既に変わりはじめているし、きっともっと変わっていくと思っています。
■「ぼくたちと本とが変わるときの話」は、本を中心に、広くメディアとコンテンツが変わっていく様について、毎回ジャンルの異なるゲストを招いて話をするシリーズです。
■ 第5回目を迎える今回は、第1回〜第4回の話を簡単に総括しつつ、これからぼくがやろうとしている新しいプロジェクトのことを中心に、果たしてそのプロジェクトを通じてぼくたちと本とは変われるのかということを、あちこち脱線させながらお話します。第1回目にもゲストとしていらしていただいた、月曜社取締役の小林浩さんを、お相手にお迎えします。

日時:2008年10月8日(水)20:00〜22:00
会場:Otto Mainzheim Gallery(アクセス
定員:30人(予約制) 参加費:1,000円(1ドリンク付)

【 プロフィール 】
内沼晋太郎|Shintaro Uchinuma
1980年生まれ。ブック・コーディネイター、クリエイティヴ・ディレクター。一橋大学商学部商学科(ブランド論)卒。2003年、本との偶然の出会いをプロデュースするユニットbook pick orchestraを設立、2005-2006年、book room [encounter.](北仲WHITE/横浜)などを運営。2006年「本とアイデア」のレーベル「numabooks」を設立。「TOKYO HIPSTERS CLUB」「HANSEL & GRETEL」など数多くの書棚のプロデュースを手がける。飯田竜太施井泰平と共にアーティストユニット「」としても活動。主な展覧会に「numabooks CAP BOOK MARKET」(gallery ROCKET/2008)など多数。「[本]のメルマガ」で「ぼくたちが本と出会うときのこと」を連載中。2007年、紹介制のサロンスペース「EAT TOKYO」をオープン。
小林浩|Hiroshi Kobayashi
1968年生まれ。月曜社取締役。早稲田大学第一文学部を卒業後、未来社哲学書房作品社を経て、2000年12月に月曜社設立に参画。編集・営業の両面で人文書出版に携わるかたわら、ライター業を通じて人文書の普及と次世代型書店の研究を試みている。「[本]のメルマガ」同人。
http://urag.exblog.jp