/ Events /

【 24/08/19 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1930b|バタイユの造反するシュルレアリスム
【 24/08/05 】『流れの中で』読書会 #11<第9章|近代(モダニテイ)と同時代性――機械複製とデジタル複製> 
【 24/07/22 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1931a|シュルレアリスムのオブジェ
【 24/07/08 】『流れの中で』読書会 #10<第8章|グローバル・コンセプチュアリズム再訪> 
【 24/06/24 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1931b|ヨーロッパ絵画と彫刻と「不定形」
【 24/06/10 】『流れの中で』読書会 #9<第7章|リアリズムについて>
【 24/05/27 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1933|メキシコ壁画運動
【 24/05/13 】『流れの中で』読書会 #8<第6章|クレメント・グリーンバーグ――芸術のエンジニア>
【 24/04/29 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1934a|ソヴィエト社会主義リアリズム
【 24/04/15 】『流れの中で』読書会 #7<第4章|革命的になること――カジミール・マレーヴィチについて>
【 24/04/01 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1934b|イギリスの彫刻

TALK: 0319

レジデンスと「まち」 in 東京 〜アートと公共性の関係 Part2〜

<ゲスト>
現代美術製作所(向島)
アートスペース・アブラウリ(野方)
アーティスト・イン・児童館
アプリュス・アートスペース(南千住)
おっとり舍(北千住)
con tempo(北千住)
0から1へ研究所(愛知県)ほか
<モデレーター>
Arts and Law(作田知樹)

■都市のあいだでアーティストの制作の場を企画運営する方や、都市の公共スペースに制作の場を作り上げているアーティストの実際の活動の様子を紹介し、リラックスした雰囲気の中で情報交換をします。
■コミュニティアートやスクワッティング、ストリートアート、セルフ・エデュケーションといった形態や場所が使用できるようになった経緯の違いにとらわれず、交流の中から「アーティストが身近な場所で制作している」ことの意義が浮上するひととき。
■街なかで制作されている方、興味のある方のご参加をお待ちしています。もちろん飛び入りのプレゼンも大歓迎です。

日時:2009年3月19日(木)20:00〜22:00
会場:Otto Mainzheim Gallery(アクセス
定員:30人(予約制) 参加費:1,000円(1ドリンク付)

【 プロフィール 】
現代美術製作所|Contemporary Art Factory
http://www15.ocn.ne.jp/~g-caf/
アートスペース・アブラウリ|Art Space Aburauri
http://aburauri.michikusa.jp/
アーティスト・イン・児童館|Artist in Jidokan
hhttp://artist-in-jidokan.blogspot.com/
アプリュス・アートスペース|A+A
東京都荒川区南千住6-67-8 荒川区リサイクルセンター南側棟
おっとり舍|ottorisha
http://ottr.web.fc2.com/
con tempo|コン・テンポ
http://contempo.exblog.jp/
0から1へ研究所|Zero kara Ichi he Kenkyuujyo
http://fishslice.exblog.jp/
Arts and Law|アーツ・アンド・ロー
芸術家の活動に関する法分野(芸術法、Art Law)の研究と情報提供を行う非営利組織。2004年に東京で設立。アーティストの自由な表現活動を励ますパートナーでありたいと考えるボランティアの専門家(主に法律、知的財産関係)が中心となって運営。アートに関連する法律や契約の知識に加え、自らアートの現場に関わり、アーティストの置かれた立場や思考にも精通している専門家が、無料のメールや対面での相談を通じて、相談者の状況に応じた的確な情報を提供している。 情報発信以外にも、文化政策への提言や、アートと社会の関わりやアート関係者同士の横のつながりを作るイベントを行っている。mixiのコミュニティには2600人を超える参加者がある。
http://arts-law.org/