/ Events /

【 18/03/10 】bKOTOBUKI meeting + CAMP「同時代のなにか #3」
【 18/03/03 】blanClass農園化計画 #3
【 18/02/21 】<経済とアート>ビットコインあるいはブロックチェーン
【 18/01/24 】<経済とアート>『昭和史』を読む #7

TALK: 0402

ぼくたちと本とが変わるときの話 第2回

内沼晋太郎(numabooks代表/book pick orchestra発起人)
<第2回ゲスト>
常盤敬介(日本出版販売株式会社 経営戦略室デジタルコンテンツチーム プロデューサー)
古屋荘太(有限会社エリエス・ブック・コンサルティング 出版プロデュース事業部 出版マーケットレポート編集長)

■本は、いつか本当になくなってしまうのか?
■ぼくは、決してなくなりはしないけれど、既に変わりはじめているし、きっともっと変わっていくと思っています。
■「ぼくたちと本とが変わるときの話」は、本を中心に、広くメディアとコンテンツが変わっていく様について、毎回ジャンルの異なるゲストを招いて話をするシリーズです。
■今回はぼくと同世代で、取次大手の日販で取次でケータイコンテンツの配信を手がけている常盤氏と、出版プロデュースという比較的新しいジャンルの会社エリエス・ブック・コンサルティングに勤めている古屋氏という、いわゆる既存の出版とは異なる角度から出版業界に関わっている2人をゲストにお迎えして、あれこれ話します。

日時:2008年4月2日(水)20:00〜22:00
会場:Otto Mainzheim Gallery(アクセス
定員:30人(予約制) 参加費:1,000円(1ドリンク付)

【 プロフィール 】
内沼晋太郎|Shintaro Uchinuma
1980年生まれ。ブック・コーディネイター、クリエイティヴ・ディレクター。一橋大学商学部商学科(ブランド論)卒。2003年、本との偶然の出会いをプロデュースするユニットbook pick orchestraを設立、2005-2006年、book room [encounter.](北仲WHITE/横浜)などを運営。2006年「本とアイデア」のレーベル「numabooks」を設立。「TOKYO HIPSTERS CLUB」「HANSEL & GRETEL」など数多くの書棚のプロデュースを手がける。飯田竜太施井泰平と共にアーティストユニット「」としても活動。主な展覧会に「numabooks CAP BOOK MARKET」(gallery ROCKET/2008)など多数。「[本]のメルマガ」で「ぼくたちが本と出会うときのこと」を連載中。2007年、紹介制のサロンスペース「EAT TOKYO」をオープン。
常盤敬介|Keisuke Tokiwa
1980年シンガポール生まれ藤沢育ち。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。日販入社後、映像版権事業を経て電子書籍の新規事業を担当。現在ケータイコミック編集者として作家を開拓中。紙の取次がデジタルの世界へ踏み出す舵取りを任されてます。
古屋荘太|Sota Furuya
1981年生まれ。立命館大学政策科学部卒。JCBの開発部門を経てフリーランスライターとして独立。雑誌コラムの連載、パルコのストリート・マーケティングマガジン『WEBアクロス』の取材・執筆等を行う。博報堂のブログキャンペーンに関わり、2006年より博報堂DYインターソリューションズ入社(博報堂DYメディアパートナーズ常駐)。プランナーとしてインターネットのメディアビジネスに関わった後、現職。ビジネス書を中心とした商業出版のプロデュースとマーケティングを行っている。
個人ブログ:http://d.hatena.ne.jp/sotacafe/