/ Events /

【 21/12/13 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1971|初期の制度批判
【 21/11/29 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1972a|ブロータース
【 21/11/15 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1972b|ドクメンタ5
【 21/11/01 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1972c|ポストモダン建築
【 21/10/18 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1973|初期のヴィデオ・アート
【 21/10/04 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1974|アメリカのパフォーマンス・アート
【 21/09/20 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1975a|フェミニズム・アート
【 21/09/06 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1975b|モスクワ・コンセプチャアリズム

Morning CAMP #20

//////////
朝CAMP<20> 宮本常一『空からの民俗学』
//////////

<ゲスト>
光岡寿郎(日本学術振興会特別研究員/早稲田大学演劇博物館招聘研究員)

■朝CAMPは、通勤や通学前にコーヒーを飲みながら、ゲストが選んだ一冊の「古典」をみんなで気軽に読んでみようという企画です。今回読む本は、宮本常一『空からの民俗学』(岩波現代文庫)です。前半はゲストが関心に沿って発表します。後半はみんなでいろいろ話しましょう。朝のさえた頭で考えるとなにか新しい発見があるかも!

日時:2012年7月19日(木)7:30~9:00
場所:新橋周辺のカフェ(参加者にはメールでお伝えします)
定員:6人(要予約) 参加費:無料(飲み物代などは実費)

定員を超えましたので、予約受付は終了しました。ありがとうございます。(07/13 08:05)

【 趣旨 】
今回、4度目の朝CAMPでは、宮本常一の『空からの民俗学』を取り上げます。僕の担当回では、基本的に「日本の近代を通じて、『文化』を『書く』こと」について、朝のんびりと参加者の皆さんと考えることを目的にしてきました。今回は時代としては現代よりですが、写真論としても興味深い書籍ですのでお気軽にご参加下さい。なお、過去3回で取り上げた書籍に関しては以下をご覧下さい。(文責:光岡)
===
2011/05/19 朝CAMP<13> 横山源之助『日本の下層社会』
2010/06/17 朝CAMP<4> 今和次郎『考現学入門』
2010/03/10 朝CAMP<1> 柳宗悦『民藝とは何か』
===

【 プロフィール 】
光岡寿郎|Toshiro Mitsuoka
1978年生まれ。メディア研究/博物館研究。日本学術振興会特別研究員/早稲田大学演劇博物館招聘研究員。SETENVの創設メンバーとして、 メディアアートを中心とした展覧会やシンポジウムの企画に携わる。2006年から仕事の中心を研究に移し、メディア研究の方法論をベースに、 ミュージアムを一つのメディア形式として論じている。
http://toshiromitsuoka.com/

【 今回読む本 】
宮本常一『空からの民俗学』