/ Events /

【 24/08/19 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1930b|バタイユの造反するシュルレアリスム
【 24/08/05 】『流れの中で』読書会 #11<第9章|近代(モダニテイ)と同時代性――機械複製とデジタル複製> 
【 24/07/22 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1931a|シュルレアリスムのオブジェ
【 24/07/08 】『流れの中で』読書会 #10<第8章|グローバル・コンセプチュアリズム再訪> 
【 24/06/24 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1931b|ヨーロッパ絵画と彫刻と「不定形」
【 24/06/10 】『流れの中で』読書会 #9<第7章|リアリズムについて>
【 24/05/27 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1933|メキシコ壁画運動
【 24/05/13 】『流れの中で』読書会 #8<第6章|クレメント・グリーンバーグ――芸術のエンジニア>
【 24/04/29 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1934a|ソヴィエト社会主義リアリズム
【 24/04/15 】『流れの中で』読書会 #7<第4章|革命的になること――カジミール・マレーヴィチについて>
【 24/04/01 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1934b|イギリスの彫刻

110519

//////////
朝CAMP<13> 横山源之助『日本の下層社会』
//////////

<ゲスト>
光岡寿郎(早稲田大学演劇博物館グローバルCOE研究助手/東京大学大学院人文社会系研究科博士課程)

■朝CAMPは、通勤や通学前にコーヒーを飲みながら、ゲストが選んだ一冊の「古典」をみんなで気軽に読んでみようという企画です。今回読む本は、横山源之助『日本の下層社会』(岩波文庫)です。前半はゲストが関心に沿って発表します。後半はみんなでいろいろ話しましょう。朝のさえた頭で考えるとなにか新しい発見があるかも!

日時:2011年5月19日(木)7:30〜9:00
場所:高田馬場周辺のカフェ(参加者にはメールでお伝えします)
定員:6人(要予約) 参加費:無料(飲み物代などは実費)

【 趣旨 】
ここまで2回朝CAMPを担当してきましたが、基本的には「日本の近代から、『文化』を『書く』こと」について、朝のんびりと参加者の方と考えることを主目的にしています。今回の指定書籍である『日本の下層社会』は、テーマ的には貧困や社会運動を扱ったものですが、僕自身は今までの問題関心と地続きの文脈で読むことを考えています。一方で、日本の貧困のモノグラフとしては最初期の出版物でもありますので、現在の非正規雇用やベーシック・インカムなどについて考えるために読むという方も歓迎します。(文責:光岡)

【 プロフィール 】
光岡寿郎|Toshiro Mitsuoka
1978年生まれ。メディア研究/博物館研究。早稲田大学演劇博物館グローバルCOE研究助手/東京大学大学院人文社会系研究科博士課程。SETENVの創設メンバーとして、メディアアートを中心とした展覧会やシンポジウムの企画に携わる。2006年から仕事の中心を研究に移し、メディア研究の方法論をベースに、ミュージアムを一つのメディア形式として論じている。
http://toshiromitsuoka.com/

【 今回読む本 】
横山源之助『日本の下層社会』(岩波文庫)