/ Events /

【 18/03/10 】bKOTOBUKI meeting + CAMP「同時代のなにか #3」
【 18/03/03 】blanClass農園化計画 #3
【 18/02/21 】<経済とアート>ビットコインあるいはブロックチェーン
【 18/01/24 】<経済とアート>『昭和史』を読む #7

111119

//////////
地図CAMP<5> オルタナティブ・マップ
//////////

<ゲスト>
田中裕之(建築家)

■地図CAMPは、ゲストの関心や興味に沿ってつくった「地図」について話し合うイベントです。地図にはない何かを加えたり位置を変更したりしながら、迷子になることも恐れず、みんなで考えてみたいと思っています。

(ゲストからのコメント)
これは建築や都市と美術を読み解くために必要な地図作成方法を学ぶレッスンです。ここではパリを中心に、歴史的建造物や美術館、パリの歴史などを糸口として進め、地図によって編まれた物語をつくることを目指します。地図に隠された情報を注意深く洗い出して整理し、再編集することでいつもとは違った地図、今までとは違った地図、起こり得たかもしれない地図(オルタナティブ・マップ)が浮かび上がってくるでしょう(もう何度もパリに行ったことがあるよ、という人にとってもためになる超実用的ガイドになることも裏テーマとして目指します)。

日時:2011年11月19日(土)15:00~17:00 ※開場は14:30
場所:Quiet Afternoon(東京都品川区旗の台5-6-10-1F[地図])
定員:10人(要予約
参加費:500円(1ドリンク付き)※地図のコピーは当日配布します

【 プロフィール 】
田中裕之|Hiroyuki Tanaka
1976年生まれ。慶応義塾大学大学院修士課程修了。2003年から2005年までCARBON DALE(PARIS)に勤務し、ルイ・ヴィトン パリ本店などを担当。帰国後の2006年、田中裕之建築設計事務所を設立。建築だけにとどまらず家具やプロダクトデザインまで幅広く活動している。近年は末永史尚・冨井大裕・村林基の3人展「ニューバランス」(Gallery Archipelago, 2008)の展示コンダクト、山極満博「PALE BLUE」展(BASE GALLERY, 2010)や末永史尚「Silent Cop」展(東京造形大学, 2010)、奥村雄樹「anatomy fiction」展(MISAKO&ROSEN, 2010)の展示什器製作および会場構成、さらに冨井大裕「鉛筆のテーブル」展のための作品設計協力(switch point, 2011)など現代美術のプロジェクトにも多く関わっている。
http://www.hiroyukitanaka.com/