/ Events /

【 24/08/19 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1930b|バタイユの造反するシュルレアリスム
【 24/08/05 】『流れの中で』読書会 #11<第9章|近代(モダニテイ)と同時代性――機械複製とデジタル複製> 
【 24/07/22 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1931a|シュルレアリスムのオブジェ
【 24/07/08 】『流れの中で』読書会 #10<第8章|グローバル・コンセプチュアリズム再訪> 
【 24/06/24 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1931b|ヨーロッパ絵画と彫刻と「不定形」
【 24/06/10 】『流れの中で』読書会 #9<第7章|リアリズムについて>
【 24/05/27 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1933|メキシコ壁画運動
【 24/05/13 】『流れの中で』読書会 #8<第6章|クレメント・グリーンバーグ――芸術のエンジニア>
【 24/04/29 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1934a|ソヴィエト社会主義リアリズム
【 24/04/15 】『流れの中で』読書会 #7<第4章|革命的になること――カジミール・マレーヴィチについて>
【 24/04/01 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1934b|イギリスの彫刻

1128-1207

【 EXHIBITION: 1128-1207 】
absolute distance -埋まらない距離-
展示作家:小泉明郎+増本泰斗

【 OPENING PARTY: 1128 】
オープニング・パーティー
パフォーマンス:小泉明郎(アーティスト)

【 TALK: 1129 】
Researching Photography 2
良知暁(アーティスト)+斎数賢一郎(編集者)

【 TALK: 1130 】
装うとは何か?ファッションとは何か?
—装う立場と作る立場—

ナンジョウフミトシ(某ファッションブランド企画生産)+ナカムラユカ(早稲田大学 文化社会研究所 客員研究員)

【 TALK: 1201 】
展覧会というメディアの可能性
ーアート・交流・批評ー

橋本聡(アーティスト)+藤井光(アーティスト)+松原慈(アーティスト)+住友文彦(キュレーター)+長内綾子(アシスタント・キュレーター)

【 CINEMA: 1202 】
愛して止まないワンシーン

【 TALK: 1203 】
共同体と“開かれた”アート 〜アートと公共性の関係〜
第一夜:アートは、何とどうやって関わっていくのか

東谷隆司(キュレーター)+池田剛介(美術家)+卯城竜太(Chim↑Pom)+遠藤水城(キュレーター)+川崎昌平(アーティスト)+杉田敦(美術評論家)+Arts and Law(作田知樹)

【 TALK: 1204 】
「関係性」の「美学」の大問題!
辻憲行(キュレーター/翻訳者)

【 TALK: 1205 】
<Corner Kick #5>アートライターという仕事
藤田千彩(アートライター)+福住廉(美術評論家)

【 TALK: 1206 】
共同体と“開かれた”アート 〜アートと公共性の関係〜
第二夜:創作/表現活動とパブリック・コード

白田秀彰(法学博士)+藤井光(アーティスト)+南嶌宏(美術評論家/キュレーター)+Arts and Law(作田知樹) ほか※交渉中

【 TALK: 1207 】
考えること、見ること、見せることの特殊なモードとしての
アートキュレーション
Art Curating as a Specific Mode of Thinking, Seeing and Showing

ロディオン・トロフィムチェンコ(キュレーター/武蔵野美術大学博士課程)+鈴木佑也(東京外国語大学大学院地域研究課博士後期課程)