/ Events /

【 24/08/19 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1930b|バタイユの造反するシュルレアリスム
【 24/08/05 】『流れの中で』読書会 #11<第9章|近代(モダニテイ)と同時代性――機械複製とデジタル複製> 
【 24/07/22 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1931a|シュルレアリスムのオブジェ
【 24/07/08 】『流れの中で』読書会 #10<第8章|グローバル・コンセプチュアリズム再訪> 
【 24/06/24 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1931b|ヨーロッパ絵画と彫刻と「不定形」
【 24/06/10 】『流れの中で』読書会 #9<第7章|リアリズムについて>
【 24/05/27 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1933|メキシコ壁画運動
【 24/05/13 】『流れの中で』読書会 #8<第6章|クレメント・グリーンバーグ――芸術のエンジニア>
【 24/04/29 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1934a|ソヴィエト社会主義リアリズム
【 24/04/15 】『流れの中で』読書会 #7<第4章|革命的になること――カジミール・マレーヴィチについて>
【 24/04/01 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1934b|イギリスの彫刻

TALK: 0727

夏本番! 「SF・ホラーのハード・コア」

<ゲスト>
木村俊幸(VFXクリエーター)

■映画『リング』の記録的大ヒットから早10年。以来、「ジャパニーズホラー」は世界を震撼し続けてきました。常に人を驚かせ、恐怖を与え続けなくてはならないホラー映画。そこでは、見る者の予想を凌駕する想像力が求められます。これはSF映画に関しても同様に言えることでしょう。
■そこで今回、映画『リング』、『CASSHERN』、『リアル鬼ごっこ』などの制作に携わり、また自身が監督を務めたデジタルホラー紙芝居『現代畸聞録 怪異物語』を制作するなどSF・ホラーの現場で活躍している木村俊幸さんをお招きして、SF、ホラーについてとことん語って頂きます。
■はたして新しいSF・ホラーの表現とはなんなのか?木村氏の想像力の源泉とは?
■また木村氏はアーティストであり、東京・府中市にある現代美術ギャラリー「LOOP HOLE」を運営するという映像界では異色な存在です。そんな木村氏によるじっとりと手に汗握る映画談義。ぜひジョッキ片手にご参加ください。

日時:2008年7月27日(日)19:00〜21:00
会場:Otto Mainzheim Gallery(アクセス
定員:30人(予約制) 参加費:1,000円(1ドリンク付)

【 プロフィール 】
木村俊幸|Toshiyuki Kimura
Wikipedia