/ Events /

【 24/08/19 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1930b|バタイユの造反するシュルレアリスム
【 24/08/05 】『流れの中で』読書会 #11<第9章|近代(モダニテイ)と同時代性――機械複製とデジタル複製> 
【 24/07/22 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1931a|シュルレアリスムのオブジェ
【 24/07/08 】『流れの中で』読書会 #10<第8章|グローバル・コンセプチュアリズム再訪> 
【 24/06/24 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1931b|ヨーロッパ絵画と彫刻と「不定形」
【 24/06/10 】『流れの中で』読書会 #9<第7章|リアリズムについて>
【 24/05/27 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1933|メキシコ壁画運動
【 24/05/13 】『流れの中で』読書会 #8<第6章|クレメント・グリーンバーグ――芸術のエンジニア>
【 24/04/29 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1934a|ソヴィエト社会主義リアリズム
【 24/04/15 】『流れの中で』読書会 #7<第4章|革命的になること――カジミール・マレーヴィチについて>
【 24/04/01 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1934b|イギリスの彫刻

110625

//////////
朝CAMP<14> エルヴィン・パノフスキー『〈象徴形式〉としての遠近法』
//////////

<ゲスト>
酒井泰斗(会社員)

■朝CAMPは、通勤や通学前にコーヒーを飲みながら、ゲストが選んだ一冊の「古典」をみんなで気軽に読んでみようという企画です。今回読む本は、エルヴィン・パノフスキー『〈象徴形式〉としての遠近法』(ちくま学芸文庫)です。余裕のある方は「副読本」として、神崎繁『プラトンと反遠近法』(新書館)も。前半はゲストが関心に沿って発表します。後半はみんなでいろいろ話しましょう。朝のさえた頭で考えるとなにか新しい発見があるかも!

日時:2011年6月25日(土)7:30〜9:00
場所:新宿周辺のカフェ(参加者にはメールでお伝えします)
定員:6人(要予約) 参加費:無料(飲み物代などは実費)

定員を超えましたので、予約受付は終了しました。ありがとうございます。(05/25 08:00)

【 プロフィール 】
酒井泰斗|Taito Sakai
大阪大学大学院理学研究科物理学専攻修士課程中退。音楽制作会社を経て現在は金融系企業のシステム部に所属。ルーマン・フォーラム管理人。共編・共著に『概念分析の社会学』(ナカニシヤ出版)、『ワードマップ エスノメソドロジー』(新曜社)、論文に「社会システムの経験的記述とはいかなることか」(小宮友根との共著、『ソシオロゴス』31)。
http://socio-logic.jp/

【 今回読む本 】
エルヴィン・パノフスキー『〈象徴形式〉としての遠近法』(ちくま学芸文庫)
神崎繁『プラトンと反遠近法』(新書館) ※余裕のある方は副読本として