/ Events /

【 24/08/19 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1930b|バタイユの造反するシュルレアリスム
【 24/08/05 】『流れの中で』読書会 #11<第9章|近代(モダニテイ)と同時代性――機械複製とデジタル複製> 
【 24/07/22 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1931a|シュルレアリスムのオブジェ
【 24/07/08 】『流れの中で』読書会 #10<第8章|グローバル・コンセプチュアリズム再訪> 
【 24/06/24 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1931b|ヨーロッパ絵画と彫刻と「不定形」
【 24/06/10 】『流れの中で』読書会 #9<第7章|リアリズムについて>
【 24/05/27 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1933|メキシコ壁画運動
【 24/05/13 】『流れの中で』読書会 #8<第6章|クレメント・グリーンバーグ――芸術のエンジニア>
【 24/04/29 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1934a|ソヴィエト社会主義リアリズム
【 24/04/15 】『流れの中で』読書会 #7<第4章|革命的になること――カジミール・マレーヴィチについて>
【 24/04/01 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1934b|イギリスの彫刻

イギリスと日本の国立美術館の資金調達方法

//////////
イギリスと日本の国立美術館の資金調達方法
//////////

スピーカー:梅原あすな(芸術政策・経営管理学修士)

イギリスの国立美術館と日本の国立美術館の資金調達方法多角化に関する比較。イギリスのエージェンシー化をもとにしたとされる日本の国立美術館の独立行政法人化を経営組織面、財務面から比較する。個別の事案について、日英双方4〜5の国立美術館の5年間分の財務を対象とし、特に調達面の財源を助成、寄付、自己調達に分けて、比率、経年変化、及びその政策的要因についての考察する。

日時:2015年12月25日(金)19:30~22:00 ※開場は19:00
場所:谷中の家(東京都台東区谷中3-17-11[地図])
定員:15人(予約制) 参加費:1,000円(鍋付き)
協力:谷中の家(木方幹人)

<予約方法>
http://goo.gl/forms/SNvcllscqB

梅原あすな|Asuna Umehara
芸術政策・経営管理学修士(ロンドン大学バークベック校)。筑波大学芸術専門学群卒業。都市銀行投資銀行部門(アセットファイナンス)及びリテール向証券仲介業務(外債仕組債)にて企画開発管理。国際交流基金勤務。書道とロングトレイル。