/ Events /

【 24/08/19 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1930b|バタイユの造反するシュルレアリスム
【 24/08/05 】『流れの中で』読書会 #11<第9章|近代(モダニテイ)と同時代性――機械複製とデジタル複製> 
【 24/07/22 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1931a|シュルレアリスムのオブジェ
【 24/07/08 】『流れの中で』読書会 #10<第8章|グローバル・コンセプチュアリズム再訪> 
【 24/06/24 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1931b|ヨーロッパ絵画と彫刻と「不定形」
【 24/06/10 】『流れの中で』読書会 #9<第7章|リアリズムについて>
【 24/05/27 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1933|メキシコ壁画運動
【 24/05/13 】『流れの中で』読書会 #8<第6章|クレメント・グリーンバーグ――芸術のエンジニア>
【 24/04/29 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1934a|ソヴィエト社会主義リアリズム
【 24/04/15 】『流れの中で』読書会 #7<第4章|革命的になること――カジミール・マレーヴィチについて>
【 24/04/01 】Reading Group "ART SINCE 1900": 1934b|イギリスの彫刻

TALK: 0301

コンビニの建築×社会学

<ゲスト>
藤村龍至(建築家)
吉村英孝(建築家)
新雅史(東京大学大学院人文社会系研究科博士課程)
田中大介(筑波大学大学院人文社会科学研究科博士特別研究員)
<モデレーター>
南後由和(東京大学大学院学際情報学府博士課程/日本学術振興会特別研究員)

■都市空間の風景や日常生活に溶け込み、独特の場所性を獲得しているコンビニ。コンビニは、消費空間の構成、流通・情報ネットワークの空間化、労働環境などの点において、興味深い建築的かつ社会学的なテーマとなっている。
■今回はコンビニをめぐって、若手建築家2名と社会学者2名が各々の問題関心をぶつけ合い、議論する。

日時:2008年3月1日(土)19:00〜21:00
会場:Otto Mainzheim Gallery(アクセス
定員:30人(予約制) 参加費:1,000円(1ドリンク付)

【 プロフィール 】
藤村龍至|Ryuji Fujimura
1976年東京都生まれ。東京工業大学大学院、ベルラーへ・インスティテュート、ISSHO建築設計事務所共同主宰を経て、東京工業大学大学院博士課程(塚本研究室)在籍、藤村龍至建築設計事務所主宰。
吉村英孝|Hidetaka Yoshimura
1975年愛知県生まれ。東京工業大学大学院、SUPER-OS共同主宰を経て、現在、東京工業大学補佐員、吉村英孝建築設計事務所主宰。
新雅史|Masafumi Arata
1973年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程在籍。リクルート・ワークス研究所客員研究員。専攻は産業社会学/スポーツ社会学。現在は、近代家族が経営体として存在しえた都市/空間秩序の解明に関心がある。
田中大介|Daisuke Tanaka
1978年生まれ。筑波大学大学院人文社会科学研究科博士特別研究員。専攻は社会学。近現代における都市とテクノロジー(交通機関や情報ネットワーク)の関係を都市論やメディア論の観点から研究。
南後由和|Yoshikazu Nango
1979年大阪府生まれ。東京大学大学院学際情報学府博士課程在籍、日本学術振興会特別研究員。専攻は社会学、都市・建築論。アンリ・ルフェーヴルやシチュアシオニストの都市論を学びつつ、建築家の有名性やグラフィティ文化など、都市・建築をめぐる有名性/匿名性の位相の研究に従事。